MA(マーケティングオートメーション)におけるマーケティングとは?

アクティビティの重要性


MAにおけるアクティビティ(Webアクティビティ)とは、ユーザーがインターネット上で行った行動のことであり、資料請求をしたり、Webサイトを閲覧したりすることが挙げられます。アクティビティを分析することで、ユーザーニーズを把握し、自社の施策を検討し直すことも可能です。アクティビティの重要性を理解し、必要に応じてMAツールの乗り換えも検討してみることも大切です。



アクティビティとWebアクティビティの違い


アクティビティとはユーザーがとった行動のことを指します。IT業界で広く使われている言葉であり、特にユーザーがとった行動を分析するアクティビティが非常に重要です。マーケティングの方法やチャンネルは常に変化しているので、アクティビティを分析することで、より本質的なユーザーニーズを捉えられるようになります。


そして、アクティビティと似た言葉として、Webアクティビティという言葉も存在しますが、これら2つにはどこでユーザーが行動したかという違いがあります。MAにおけるアクティビティも、Webアクティビティと同義だと捉えて問題ありません。MAは、基本的にユーザーがWeb上でとった行動データを分析し、最適な施策を導き出すものです。最適な施策を導き出すためには、MAにおけるアクティビティを重要視することが欠かせません。


Webアクティビティの代表例としては、以下の内容が挙げられます。


・ Webサイトの閲覧・遷移 ・ インターネット広告のクリック ・ 資料請求やダウンロード


上記の内容は、どれもユーザーが行動を起こしています。加えて、Webサイトの指標となる「滞在時間」もWebアクティビティの1つとして含まれます。滞在するという行動を起こしているとみなされるということです。


このように、Webアクティビティの指標は多岐にわたります。その多岐にわたる中で、どのWebアクティビティを注視するかが施策の成功に直結すると言えます。



MAにおけるアクティビティの重要性


次に、MAにおけるアクティビティですが、以下のような理由から非常に重要です。


・ ユーザーニーズを把握する

MAにおけるアクティビティを分析することで、ユーザーニーズを把握することが可能です。なぜなら、ユーザーの行動の裏側には、必ず何らかのニーズが存在しているためです。MAにおけるアクティビティを重要視することで、ユーザーニーズに最適な施策を講じられるようになるのです。

・ 自社の施策を検討し直す

上述したユーザーニーズの把握と併せて、MAにおけるアクティビティを重要視することで、自社の施策を検討し直すことも可能です。仮に、ユーザーと接点を持てる機会が、有料のセミナーしかなかったとします。しかし、ユーザーの中には、有料セミナーだけではサービスの申込みを即決できない人も一定数いるはずです。


上記をMAにおけるアクティビティを分析することで、たとえば有料のセミナー後に無料のメールマガジンを配信したり、別の有料セミナーに無料で招待したりするなどの施策が考えられます。自社の施策を検討し直すためにも、MAにおけるアクティビティを重要視しましょう。

・ ボトルネックを洗い出す

最後に、MAにおけるアクティビティを重要視すれば、ボトルネックを洗い出すことも可能です。ボトルネックとは、全体の成果や売上に繋がらない原因のことを指します。MAにおけるアクティビティを重要視すれば、ボトルネックを洗い出せることに繋がり、改善も容易になります。



アクティビティの分析にはMAツールの乗り換えも検討


先ほど、MAにおけるアクティビティの重要性を解説してきました。アクティビティの分析において、現状のツールで上手くいっていない場合、MAツールの乗り換えも視野に入れるかもしれません。ここでは検討の際にチェックするべきことを紹介します。


・ 現状のMAツールの悪い点を把握する ・ アクティビティにおける改善点を把握する ・ 双方を解決できるツールを探す


重要なのは、必ず複数のMAツールをトライアルで利用し、細部まで機能を確認することです。MAツールは高額にあるケースも多いため、予算を鑑みつつ検討するようにしましょう。



まとめ


今回はMAにおけるマーケティングについて書かせていただきました。

アクティビティを分析してより本質的なユーザーニーズを捉えていきましょう。

閲覧数:5回0件のコメント