Web3(Web3.0)とは?

はじめに


昨今、「Web3(Web3.0)」という言葉を耳にする機会も増えたという方も多いのではないでしょうか。世界中でも話題性が高まり、今後さらに注目を集めることが予想されます。

本記事では、「Web3(Web3.0)とは?」という部分から、Web3(Web3.0)が注目される理由や、そのメリットについてご紹介していきます。



Web3(Web3.0)とは一体何?


デジタル市場に興味関心が強くトレンドに敏感な方には周知されているかと思いますが、「Web3(Web3.0) ウェブスリー」という言葉が注目を集めてます。デジタル市場で「次世代のインターネット」と呼ばれ周知されるようになりましたが、世界的に浸透し活用されている現在のインターネットとの異なる点はどういったものなのでしょうか。


簡単にご説明するのであれば、「分散型インターネット時代」や「非中央集権のインターネット時代」と言われています。


近年は、個人情報保護の観点や、セキュリティの観点から、プライバシーに対する考え方が強まりを見せ世界的にも大きな問題として話題になっています。例えば、そのような問題点をWeb3(Web3.0)は、ブロックチェーン技術などを画期的に活用して解決に導くだろうといわれています。


Web3(Web3.0)の仕組み


ここからは、Web3(Web3.0)のさらに具体的な仕組みについてご説明していきます。

Web1.0はホームページの時代でありWeb2.0はSNS・クラウド時代でしたが、Web2.0で問題となっている、一部の巨大企業の権力の分散を、実現可能に導くのが、Web3(Web3.0)です。


そこで重要なカギとなるものに「ブロックチェーン技術」が挙げられます。 世界的にブロックチェーン技術も着々と浸透し始めていますが、ブロックチェーン技術の浸透の先駆けとして近年、注目を集めているのはビットコインやイーサリアムなどがあります。主に暗号通貨のやり取りで活用されている技術ですがこの技術を使い、個人情報の管理をユーザー自身でできるようにしていくのです。ブロックチェーン技術は、インターネット上で実施されたさまざまな取引に関するデータを適切に記録することができるデータベース技術です。「ブロック」はデータ単位で鎖のようにつなげて管理するため、ブロックチェーンと呼びます。ブロックチェーン技術は、複数の場所にデータを分けることができ、個人でのデータベース管理を可能としています。


このようなことからWeb2.0で問題視されている特定企業の権力保持や、個人情報の漏洩、プライバシー問題などのさまざまなリスクを軽減できるのではないかと考えられているのです。情報が分散される特徴を持つWeb3(Web3.0)ではそのような不安要素がなく、高いセキュリティレベルが確保されるのです。



Web3(Web3.0)のメリット


ここまで、Web3(Web3.0)の概念について触れてきました。

Web3(Web3.0)が具現化することで得られるメリットは以下の通りです。


・ユーザーは個人情報の管理を個人でできる

Web3(Web3.0)では、各ユーザーが自身の意思決定により、個人データを管理し保有するといった特徴を持つのです。そのようなことから、広告の配信を希望せずにWeb上やSNSのサービスの利用が可能になるでしょう。


・どこでもサービスの利用が可能

Web3(Web3.0)では政府による検閲システムの採用による、Google・Twitter・YouTubeなどのサイトへのアクセスの禁止制限を設けることができなくなります。ブロックチェーンに対する条件や権限はなく、中央集権的なサーバー自体も存在しないことから、誰でも自由にアクセスが可能となり、対等なサービスを利用することができるようになります。


仲介なしで企業と直接的な取引が可能となる

Web3(Web3.0)時代におけるネットワーク接続には、仲介するサーバーを必要としないといった特徴があるため、企業とユーザーは直接的な取引が可能となるのです。仲介の必要性がなくなることで、現在の存在するさまざまな既存ビジネスに大きな影響をもたらし、既に確立されていたビジネスモデルが崩壊する可能性が強まることが予想されます。




まとめ

今回はWeb3(Web3.0)について注目される理由やメリットについて書かせていただきました。

現在のトレンドでもあるWeb3(Web3.0)は、今後も着々と進化を遂げ、最新情報が次々と更新され、世界中でさらに注目を集めることでしょう。

Web3(Web3.0)に関する情報をこまめにチェックし、新時代の流れに対応していきましょう。


閲覧数:4回0件のコメント